ポピュラーソフト、IoT案件に特化したWebシステム開発プラットフォームをリリース

ポピュラーソフト株式会社は、IoT案件に特化したWebシステム開発プラットフォーム「Popular IoT Platform」を本年10月1日にリリース。多種多様で膨大な数のデバイス群の管理やアプリケーションレイヤーも含めた統合的なWebシステム開発環境を提供する。

同プラットフォームの特徴は以下の通りだ。

  • ポピュラーソフトが開発案件に参画する際のツールとして使用。ライセンス料金、ライセンス保守料金は無償(※1)
  • 開発完了後はプログラムソースを顧客に提供可能
  • Kaa IoT(※2)のテクノロジーを採用
  • Webシステム開発環境はWeb標準技術であるHTML5(Angular4)を採用。オフライン機能、レスポンシブデザインにも対応
  • 最新業界標準認証仕様(OpenID Connect,OAuth2.0)を採用
  • システム間インタフェースはIoT標準のRESTful APIを採用
  • ビッグデータベース(MongoDB)に対応
  • 多国語に対応

※1 ポピュラーソフトが受注開発するプロジェクトのツールとして使用
※2 KaaIoT Technologies, LLC.が開発したIoT製品開発のための機能を取り揃えた、オープンソースのIoTプラットフォーム

【関連リンク】
ポピュラーソフト(PopularSoft)

Previous

オフィスや店舗、学校でも簡単に導入できるIoT ―アステリア新Gravio登場

NRIセキュアの認証基盤ソリューション「Uni-ID Libra」が生体認証に対応、第1弾はNECと連携

Next