ロボットスタート、ロボットビジネス市場向けサービスの拡充へ向け、みずほキャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施

ロボットビジネスを専門に行うロボットスタート株式会社はみずほキャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施したと発表した。

 

家庭用・オフィス用のロボット市場において、ロボットアプリケーション開発・ロボット導入コンサルティングのニーズが大きく伸びており、またロボットマーケティング領域のさらなるサービス開発のスピードアップに向けて、今回のシードラウンドでの増資を決定した。

今回の第三者割当増資で調達した資金を用いて、さらなるロボットビジネス市場向けサービス拡充、人員増強、経営基盤強化に取り組んでいく。

また今後、成長ステージに合わせて随時資金調達を行っていくという。

 

【関連リンク】
ロボットスタート
みずほキャピタル

Previous

PTC ThingWorx、スマートシティ ソリューション推進に向け、Envision Americaに参加

エイチアイ、パイオニアのミラー型テレマティクス端末のアプリケーション開発に協力

Next