Facebook、メッセンジャー利用8億人突破、AI機能「M」テストも順調

Facebookの提供するMessengerの毎月の月間利用者数が、2015年末には8億を超えた。

 

2015年、Messengerは様々な取り組みを行ってきた。

高速なMessengerを開発し、ビデオ通話を開始したほか、色、ニックネーム、絵文字を使って会話をカスタマイズできるオプションを導入、Businesses on Messengerでは、顧客一人一人にカスタマイズされた楽しい経験を提供し、企業が顧客とのエンゲージメントを深めるための新しいツールを提供した。

会話中から直接友人にお金を送ったり、受け取ったりできるようになり、アプリのためのMessengerプラットフォームをローンチし、位置情報の共有を選択できる方法をアップデートした。

Facebookの友達でない相手との新規の会話の上部には相手の情報を表示する欄を追加。メッセージリクエスト機能を導入し、誰とでもメッセージをやりとりできる基盤を築いた。

また、Photo Magicという新機能では、とても簡単に友達と写真が共有できるようになった。

さらに仮想のデジタルアシスタントMの試験を開始し、2015年の締めくくりにはUberと共にTransportationプラットフォームを開始した。

何億もの人々が毎日の生活において、人、企業、サービスとのやりとりをより一層シームレスに行うことができるようサポートしたいという気持ちから、すべてこのような機能が生まれている。

 

2015年に試験を開始され、人間によって訓練されたAIを搭載する仮想デジタルアシスタントのMのテストも順調に進んでいる。現在はまだまだ初期の段階だが、AI機能が進めば、レストランの予約、花束を贈ったり、計画を立てたりといった日常の簡単なタスクをこなすのが、これまでよりはるかに便利になっていくという。

 

【関連リンク】
Facebook

Previous

ボルボ・カーズとエリクソン、自動運転車のための効率的なメディアストリーミングを開発

AllJoyn® IoT 技術の市場席巻に伴いAllSeen Allianceのメンバーが着実に増加

Next