Volvo、量産車に「NVIDIA DRIVE」を搭載

VolvoとNVIDIAは本日、Volvoが同社の次世代車両に NVIDIA DRIVE AGX Xavier コンピューターを搭載し、その生産を 2020 年代初頭より開始すると発表した。

AI 自動車コンピューターDRIVE AGX Xavier により、Volvoは自動運転機能の開発を効率化し、初期のプロダクション リリースでは、これまでの先進ドライバー支援システムをさらに進化させた、レベル 2 以上の運転支援機能が装備されるようになる。

Volvoと NVIDIA の両社は、自動運転機能の開発で協力しており、全方位の状況認識とドライバー監視システムについて独自の方法を採用。NVIDIA ベースのコンピューティング プラットフォームを導入することで、Volvoは新しい接続サービスやエネルギー管理テクノロジ、車内パーソナリゼーション オプション、自律走行テクノロジを実装する。

NVIDIA DRIVE AGX には、自律走行用内蔵プロセッサである NVIDIA Xavier SoC (システム オン チップ)が組み込まれている。安全を目的として設計された、Xavier SoC には、冗長かつ多様なアルゴリズムを実現するために、6 つの異なったタイプのプロセッサが内蔵されている。

Previous

IoTで獣害対策を支援するhuntechの「スマートトラップ」新モデル、バッテリー持続時間を最長2ヶ月に延長

セラクの農業IoTサービス「みどりクラウド」、ビッグデータとAIによる農業データ分析サービスを開始

Next