仏発だるま落とし型スマートホームハブ MyxyPod CES2016レポート

企業:/

スマートホームの分野における、ホームハブの覇権争いは激しい。なにせ、このポジションを勝ち取ることは、家ナカIoTの覇権を得ることと等しいからだ。

スピーカー、テレビ、ランプ、セキュリティなど、様々な分野のデバイスをまとめるスマートホームのハブは、実用的なモノからアプローチするのが一つの方法だ。

CES2016の会場で、フランス発のスピーカー型ハブ「MyxyPod」が発表されていた。

このスピーカー型ハブの面白いところは、様々なモノとつながるための部品を後付けで足していくことだ。ちょうどだるま落としの胴体の部分を足していくように、デバイス単位で足すことができる。

MYXYTY

MYXYTY

デザイナにOra-itoを起用したクールなデザインがインテリアとしても美しい。

  • ライトコントロール
  • フレグランスディフューズ
  • ミュージックコントロール
  • セキュリティコントロール

などの機能をつけていくことができ、DEEZER, Spotify, dlnaに対応している。

不要な部品をつけて大きくなったり、高額になるくらいならこのように付け足していくという発想も面白いが、なにより、どんどん進化するIoTのデバイスに対して、本体の物理的なカスタマイズから逃れられるというところがよい。

MYXYTY

Previous

ファーウェイ、高級な消費者向け機器でのGoogleなどとパートナーシップを強調

韓国発スリープケアベッド coway CES2016レポート

Next