韓国発スリープケアベッド coway CES2016レポート

企業:

睡眠の質を高めるのは、ウェアラブルのなかでも残された聖域とでもいえる分野だ。cowayのスリープケアベッドはベッドのなかにセンサーを埋め込み、睡眠の質を高めるという機能がついている。

coway

このセンサーで取得できる情報は主に、「呼吸」「心拍」「睡眠状況」だ。これらを組み合わせることで、睡眠の質を分析するのだ。「心拍」「睡眠時間」「レム睡眠の割合」「呼吸」「睡眠を阻害された回数」「深い睡眠の割合」「寝付くまでの時間」「イレギュラーな呼吸」といったことがわかる。

これによって睡眠そのものをマネージメントするというのだが、どうやって良質な睡眠を得るのか?というところまでは踏み込めていないようだ。

coway

coway

coway

Previous

仏発だるま落とし型スマートホームハブ MyxyPod CES2016レポート

室内の空気の循環を良くする、KEENのスマートベント CES2016レポート

Next