凸版印刷、LED活用の「光子無線通信」技術で大容量無線通信を提供

凸版印刷株式会社は、LEDの光を利用してデータ通信を行う「光子無線通信」技術で、大容量データの無線通信を可能にするソリューションの提供を、2018年10月下旬から開始する。

同ソリューションは、株式会社クオンタムドライブが保有する「光子無線通信」技術と、その基礎技術のもと、電気興業株式会社が開発・製造する無線通信機器を活用し、凸版印刷が用途開発および販売し、3社共同で推進する。

凸版印刷、LED活用の「光子無線通信」技術で大容量無線通信を提供
同ソリューションのシステム展開例

光を用いた通信で、従来のような通信ケーブルの設置や電波が不要なため、河川や道路間など通信ケーブル敷設が難しい場所での監視カメラ設置や、電波が届かない水中やトンネル内での映像伝送、電磁ノイズなどにより安定した通信が難しい工場内のデータ伝送、建設機械やロボットなどの遠隔操作にも応用できるという。

光子無線通信の特長は以下の通り。

  1. 電波による通信が困難な環境でも通信が可能
    通信には光を用いるため、水中や山間部、地下空間や発電所付近など、電波を用いた無線通信環境の構築が難しい環境でも利用できる。また、都市部など電波が密集し電波干渉が発生しやすい環境下の利用にも適している。
  2. 大容量・高速通信の実現
    最大通信速度は約750Mbpsを実現(同社実験値)。大容量・高速通信が可能なため、4Kなど高解像度の動画データでもスムーズに送受信できる。
  3. 屋外でも長距離通信が可能
    日中屋外でも最大約600mまで通信が可能(同社実験値)。また、雨による影響もほとんど受けないため、屋外でも使用可能。
  4. 通信ケーブルが不要
    通信ケーブルの敷設工事が不要のため、大幅な工期・コスト削減につながる。設置が容易なため、一時的な工事やイベントなど期間限定での利用にも適している。
  5. セキュアな無線通信
    Wi-Fiなど公衆電波を用いた無線と異なり、光の届く範囲に通信先を限定できるため、通信データへの外部からの侵入や傍受がされにくいセキュアな無線通信。

下記は具体的な展開例。
凸版印刷、LED活用の「光子無線通信」技術で大容量無線通信を提供凸版印刷、LED活用の「光子無線通信」技術で大容量無線通信を提供

同ソリューションは本格販売に先駆け、株式会社ユニカが西武新宿駅前で展開する屋外デジタルサイネージ「ユニカビジョン」と、大通りを挟んで向かい側の特設カフェとを結ぶ通信回線として2018年8月27日から9月2日まで導入。ユニカビジョンの映像と特殊音声を特設カフェへ伝送する仕組みの提供を行った。

【関連リンク】
電気興業(DKK)
ユニカ(Yunika)

Previous

ローム、IoT機器のプロトタイプ開発を支援するセンサ評価キット2製品発売

ACCESS、人やモノを認識するAI搭載・Bluetooth 5対応・単三電池駆動のIoTカメラを開発

Next