アスク、遠隔地間でコミュニケーション可能なVR向けコラボレーションツール「TSUNAMI XR WORKSPACES」取扱い開始

株式会社アスクは、Tsunami ARVR社製のVR向けコラボレーションツール「TSUNAMI XR WORKSPACES」の取り扱いを開始した。

「TSUNAMI XR WORKSPACES」は、遠隔地から多数が参加するVR空間を提供し、遠隔地間でのコミュニケーションを図れる3Dコラボレーションツール。

ビデオ会議やホワイトボードのプレゼンテーション支援から複雑なCADや3Dコンテンツに至るまで、あらゆるコンテンツやデータを取り込むことが可能だ。ホスティングされたアプリケーションサービスで、複雑な製品のチーム設計、現場での作業指示、メンテナンス作業教育を支援する。これらの業務効率を向上させ、作業の迅速化と生産性を向上させるという。

特徴は以下の通り。

  • コミュニケーション機能
    テキスト入力、音声入力、描画が可能なホワイトボードやビデオボード、イメージボードを用意。
  • カメラ連動
    カメラと連動して相手の表情を認識。
  • 音声コマンド
    音声で対応できるコマンドを多数用意。
  • 多くのデバイスをサポート
    Windows端末、macOS、iPadからも参加可能。ヘッドマウントディスプレイはHTC VIVE、Windows MR、Oculus Riftが使用できる。
  • 情報共有機能
    使用しているPCの画面やカメラ映像を共有できるストリームボードを提供。
  • テレポート機能
    階層のある建物内の移動が可能。
  • 高いセキュリティ
    通信はSSLを使用。アップロードされたデータは暗号化(AES)される。

同製品は従来の同社取り扱い製品「TSUNAMI WORKSPACES」の正式リリース版である。

【関連リンク】
アスク(ASK)
Tsunami
「TSUNAMI XR WORKSPACES」

Previous

ACCESS、人やモノを認識するAI搭載・Bluetooth 5対応・単三電池駆動のIoTカメラを開発

オプティム・佐賀県警・佐賀銀行、AI・IoTを活用した犯罪抑止で連携

Next