機能を取り替えられるロボット Patin CES2016レポート

ロボットというと、単一の体にいろんな機能が盛り込まれているというモノを良く見かける。しかし、CES2016で見た、「Patin」と「CellRobot」はいろんなカタチになることで様々な活躍をするのだ。

FLOWER ROBOTICSの「Patin」

Patin

Patinは、上部のアタッチメントに対応する「サービスユニット」と呼ばれるモノを載せることで様々なロボットに生まれ変わる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これにより、ロボットを作る上で難しいAIや動作の部分を共通化し、自律的に動くロボットに機能を持たせることが可能になるというのだ。

現在想定されているのは、

  • ライト
  • ファン
  • エアクリーナー
  • LEDプランター
  • ロボットアーム
  • コーヒーメーカー

などということだ。様々なサービスユニットが開発されるのが楽しみだ。

Previous

室内の空気の循環を良くする、KEENのスマートベント CES2016レポート

BOCCO, Paro, TAPIA、Randroid 日本のロボットスタートアップ CES2016レポート

Next