ストライプインターナショナルの「メチャカリ」にAIチャットボットを導入、AIがファッションコーディネートを提案

株式会社ストライプインターナショナルが運営するファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ(MECHAKARI)(※1)」は、AIを活用したパーソナライズスタイリングAIチャットボットを導入した。

メチャカリは、同社ブランド(※2)の新品ファッションアイテムが、定額で何度でも借りられるファッションサブスクリプションサービス。新品・新作の洋服などが常時10,000種類以上揃えられ、気に入ったアイテムは購入することも、60日間借り続けることも可能で、返却時のクリーニングや洗濯は不要。(返却手数料として1回380円・税別が発生。)

今回、同サービスに、チームラボが開発したパーソナライズスタイリングAIチャットボットが導入された。10,000種類以上のアイテムの中から、顧客に合わせたコーディネートやアイテムを提案するという。

ストライプインターナショナルの「メチャカリ」にAIチャットボットを導入、AIがファッションコーディネートを提案

※1「メチャカリ(MECHAKARI)」はアプリ専用のサービス。
※2 対象ブランド(一部):earth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)、koe(コエ)、E hyphen world gallery(イーハイフンワールドギャラリー)、Green Parks(グリーンパークス)、Samansa Mos2(サマンサ モスモス)、Té chichi(テチチ)など、約50ブランドのアイテムがレンタル可能。

【関連リンク】
メチャカリ
ストライプインターナショナル(STRIPE)
チームラボ(teamLab)

Previous

ホートンワークスのコネクティッドデータプラットフォーム、NTTコミュニケーションズのビッグデータ処理中核機能に採用

TIS、ロボットが人間の業務代行・分担を実現する「サービスロボットインテグレーション事業」を提供

Next