神戸デジタル・ラボ、ソラコムがパートナーシップを締結

Webシステムやアプリの企画・開発およびITサービスを手がける株式会社神戸デジタル・ラボ(以下 KDL)は、2018年10月17日、株式会社ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」の「SPS 認定済インテグレーションパートナー」として、同社とパートナーシップを締結した。

背景

KDLでは、IoT普及の課題のひとつに「今まで無かったものの課題やニーズの不明瞭さ」があると捉え、まずは実装し、出てきた課題に取り組むという徹底したプロトタイピング志向でIoTの活用を提案してきたという。

様々な開発に取り組む中で、SORACOMの汎用性の高さとセキュリティの高さに注目し、画像認識AI学習データの自動収集システムや、水族館施設の水質や水環境を測定するセンサーシステムなどの実証実験を進めているとのこと。

KDLでは、このようなプロトタイピング志向の開発を進めるにあたって、今後ますますソフトウェア・ハードウェア開発の両方の長所を活かして柔軟に進めることが必須であると考え、ハードウェア等含む、業種にとらわれないパートナーシップを積極的に構築しているという。

今後はソラコムのパートナープログラムである「SORACOM パートナースペース(SPS)」におけるSPS 認定済インテグレーションパートナーとして、ソラコムとともに一層のIoT普及に取り組み、市場に新しい価値を提供していくとのとこ。

【関連リンク】
神戸デジタル・ラボ(Kobe Digital Labo)

Previous

IDC、2022年までのウェアラブルデバイスの世界/国内出荷台数予測を発表

Arm、5Gと次世代クラウド・エッジ間インフラストラクチャ専用の基盤「Arm Neoverse」発表

Next