HTC、VRヘッドマウントディスプレイ「VIVE」関連製品発売

HTC NIPPON株式会社(以下、HTC)は、以下のVIVE関連製品の国内販売を10月下旬より順次開始する。VIVEは、ゲーム業界を始め、建築、医療、教育など、様々な業界で利用されているバーチャルリアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイ。

VIVE FOCUS (エクスプローラーエディション)(99HANV026-00)

HTC、VRヘッドマウントディスプレイ「VIVE」関連製品発売
中国で本年1月より一般発売されていた、解像度2,880 x 1,600ピクセルを誇るオールインワン型HMD「VIVE FOCUS(エクスプローラーエディション)」を、日本国内ではビジネス用途向けに10月30日に販売開始。希望小売価格は66,750円(税抜)。

また、VIVE FOCUSの商用利用をサポートする「VIVE Focus用アドバンテージパック」(99H20577-00)を同時に発売。VIVE Focus起動時に特定のアプリケーションのみを起動する「キオスクモード」や、製品保証を2年間に延長するなどのパッケージで、希望小売価格は16,620円(税抜)。

VIVE PRO スターターキット

HTC、VRヘッドマウントディスプレイ「VIVE」関連製品発売
VIVE PRO スターターキットは、欧米圏では今年春から販売されていたキットで、日本初上陸。2,880×1,600ピクセルのVIVE PROのヘッドマウントディスプレイを2m×3mのルームスケールでの利用が想定されている。希望小売価格は133,000円(税抜)で11月上旬から順次販売開始予定。セット内容は以下の通り。

  • VIVE PRO HMD (99HANW023-00)1点
  • VIVE コントローラー1.0(99HAFR002-00)2点
  • ベースステーション1.0(99HAFS008-00)2点

VIVE PRO アクセサリー(第一弾)

以下のVIVE PRO用アクセサリーを10月23日より順次販売開始される。なお、VIVE PRO関連アクセサリーは今後も拡充が予定されている。

  1. All-in-1 ケーブル(VIVE Pro用)(99H20522-00)
    VIVE PRO / VIVE PRO HMD(アップグレードキット)用のオールインワンケーブル。VIVE PROのHMDとリンクボックスを接続する為に使用。希望小売価格は6,500円(税抜)。
  2. DPケーブル(1メートル)(99H20528-00)
    VIVE PRO / VIVE PRO HMD(アップグレードキット)用のDPケーブル。リンクボックス側はMini-DP、グラフィクスカード側はDPの端子。希望小売価格は2,000円(税抜)。
  3. VIVEコントローラー (2018)(99HANM006-00) ※1個入り
    VIVE PROに付属しているコントローラー。ベースステーション1.0と2.0の両方に対応。希望小売価格は23,130円(税抜)。
  4. ベースステーション2.0(99H12156-00) ※1個入り
    VIVE PROに付属しているベースステーション。VIVE PRO / VIVE PRO HMD(アップグレードキット)/トラッカー(2018)/コントローラー(2018)に対応。希望小売価格は16,630円(税抜)。
  5. リンクボックス(VIVE Pro用)(99HAMH006-00)
    VIVE PRO/VIVE PRO HMD(アップグレードキット)用のリンクボックス。希望小売価格は5,620円(税抜)で、年内の発売を予定。
Previous

Mercury Kinetics、AIでスキーの技術を計測する「Snowcookie」発売

STマイクロエレクトロニクス、IoT機器のセキュリティ強化する超低消費電力マイコン「STM32L5」発表

Next