Plug and Play Japan、アクセラレーションプログラム「Brand & Retail」を開始

Plug and Play Japanでは、IoT・Mobility・Fintech・Insurtechの4分野でのアクセラレーションプログラムを運営し、ベンチャーとの事業提携、ベンチャーへの出資、新規事業開発等を目指す企業パートナーを支援している。今回、4分野に加え新しいテーマである「Brand & Retail」を2019年春より追加することを発表した。

「Brand & Retail」プログラムは、先見的なブランド、小売業者、および消費財と、小売バリューチェーンに影響を与えるスタートアップとを結ぶエコシステムの形成を目指すプログラムだという。ファウンディングパートナーとして、シリコンバレーでの「Brand & Retail」立ち上げを支援したパナソニック株式会社を第一弾のパートナーとして迎え、引き続きファウンディングパートナーを募集するという。

今後実施が想定されている詳細分野は下記の通り。

  • 顧客データ取得・分析
  • 小売店における体験価値向上
  • Eコマース
  • 配送・物流
  • ハイパー・パーソナライズ
  • オムニチャネル
  • 新ビジネスモデル
  • ファッションテック
  • スポーツテック

【関連リンク】
Plug and Play Japan

Previous

STマイクロエレクトロニクス、IoT機器のセキュリティ強化する超低消費電力マイコン「STM32L5」発表

コネクシオとケイ・オプティコム、IoT導入から運用までのサポートサービスで業務提携

Next