アサイクル株式会社、AIによる需要予測機能・医薬品の在庫管理・発注システム 「ASKAN」公開

企業:

アサイクル株式会社は、現在開発中のAIによる需要予測機能を搭載した医薬品在庫管理・発注システム「ASKAN」を公開し、AIによる需要予測実証試験の協力事業者の募集を開始した。

【ASKANについて】
現在、アサイクルでは、経済産業省の支援を受け、医薬品流通の効率化事業に取り組んでいる。その中でも、調剤薬局や病院における医薬品の需要予測の研究を進めており、医薬品の在庫管理・発注システム「ASKAN」を開発している。

主な特徴として、過去の患者の来局実績や調剤実績および患者特性や地域性、季節など様々なデータからAIが需要予測を行い、適切な発注量を自動算出する。これにより調剤薬局や病院で発生していた在庫管理・発注業務を大幅に省力化できるだけでなく、在庫率の改善による経営効率化と高い欠品回避も実現できるとのこと。

【関連リンク】
アサイクル

Previous

LeapMind、低消費電力FPGA上でDeep Learningを実現する「Blueoil」をオープンソース化

SMBC、AI技術を活用した与信システムの運用開始

Next