キッセイコムテック、竹内製作所のシステムレンチIoT本格運用開始

キッセイコムテック株式会社は、株式会社竹内製作所のシステムレンチのIoT化を支援し、2018年10月に本格運用が開始となった。

竹内製作所は、主に小型建設機械の設計開発から販売までを行う完成品メーカーであり、竹内製作所の建設機械は北米及び欧州で高い評価を得ている。

竹内製作所では、品質の向上、工場の見える化のため、現場改善・システム改善を日々行っており、施策の一環としてシステムレンチのIoT化に取り組んだ。工場ではシステムレンチによる締付作業を行う際にシステムレンチ・コントローラへの締付トルク値の設定作業を人手で行っていたが、設定作業をシステム化することで締付トルク値の誤設定を防ぐと共に、締付結果を蓄積、有効活用し、品質向上を目指しているという。

キッセイコムテックは、2015年1月の基幹システム「mcframe(エムシーフレーム)」(※)を導入以降、周辺ソリューションを提案してきた。本件では、システムレンチ・コントローラと「mcframe」の連携をはかることで、システムレンチへの設定作業の自動化を可能にした。

また、クラウドサービス「AWS」や自社製品「RAXIS」で培ったIoT導入ノウハウを活用することで、締付データをクラウド上にアップロードし、管理するシステムを低コストで実現した。

※mcfrmeとは、製造業向け生産管理パッケージ。組立加工からプロセス、医薬品業界まであらゆる製造業に対応。

mcframeのプロダクトポートフォリオ
mcframeのプロダクトポートフォリオ

【関連リンク】
キッセイコムテック株式会社(KISSEI COMTEC CO LTD)
竹内製作所(TAKEUCHI MFG)

Previous

FAプロダクツと図研、スマートファクトリー構築支援の「FACTORY DIGITAL TWIN」で協業

PayPay株式会社、バーコードを使ったスマホ決済サービスで「Alipay」とサービス連携開始

Next