デンソー、羽田空港跡地に自動運転技術の試作開発・実証を行うテスト路備えた新拠点を開設

株式会社デンソーは、羽田空港跡地エリアに、自動運転技術の試作開発、実証を行う新たな拠点を2020年6月に開設する。

現在、羽田空港跡地は、大田区を中心に先端産業、文化産業の創造、発信基地としての整備(「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業」)が進められており、その一環としてデンソーがテスト路を備えたモビリティシステムの開発棟を開設する。

デンソーは、2018年4月に東京都港区に自動運転領域の研究開発オフィス「Global R&D Tokyo」を開設し、車両メーカー、大学や研究機関、スタートアップ企業など様々なパートナーとの連携、オープンイノベーションを強化している。今回、新たに開設する施設は、試作や車両整備を行う開発棟と実証用のテスト路を持ち、品川で企画、研究開発する自動運転技術を、羽田で試作開発、実証を行い、東京エリアで完結できる体制を構築するという。

Previous

STマイクロエレクトロニクス、スマート物流に向けSigfox Monarch認証取得済み・シームレス・超低消費・長距離無線通信ソリューションを発表

テキサス・インスツルメンツ、Industry 4.0向けマルチプロトコル・ギガビット・TSN対応のプロセッサ製品を発表

Next