バニーホップがゴルフ場をIoT化、スマートフォンでキャッシュレス利用

IoT企画・開発の株式会社バニーホップは、都内ゴルフコースおよびゴルフ練習場の「青梅リバーサイドパーク」の施設設備をIoT化し、スマートフォンを用いてキャッシュレスで利用できるようになった。

今までは、施設内で利用できるICカードへ現金をチャージし、ICカードをかざして利用していたが、入退場ゲートや、ゴルフボール貸出機などの既存設備をIoT化、クラウド上の予約・決済システムと連動することで、設備の自動化とキャッシュレス化を実現し、スマートフォンのみで施設利用ができるようになった。

スマートフォンからWebサイトにアクセスし、電話番号とプレー日時を入力、クレジットカード決済して予約すると、QRコードがショートメッセージで送信される。予約当日にQRコードをかざして施設利用できる仕組み。専用アプリをインストールする必要もないという。

バニーホップがゴルフ場をIoT化、スマートフォンでキャッシュレス利用

ゴルフ練習場では、既存のゴルフボール貸出機がIoT化され、QRコードをかざすとゴルフボールが排出される。QRコード以外にも、クレジットカード利用も可能。

バニーホップがゴルフ場をIoT化、スマートフォンでキャッシュレス利用

【関連リンク】
バニーホップ(Bunnyhop)

Previous

オン・セミコンダクター、RSL10ファミリにBluetooth SIGメッシュネットワーク規格のサポートを追加

ユニバーサルスペース、リフォーム業界初!介護リフォーム見積AIアプリを運用開始

Next