KDDI・JAL・KDDI総合研究所、タッチレス搭乗ゲート等「5G」活用航空サービスの実証実験を開始

KDDI株式会社、日本航空株式会社(以下、JAL)、 株式会社KDDI総合研究所は、共同で次世代通信規格「5G」を用いた航空サービスに関する実証実験を「JAL Innovation Lab」で本日2018年11月5日から11月13日まで実施すると発表した。

この実験は、「JAL Innovation Lab」内に、5G通信環境を備えた搭乗ゲートなどの空港施設を模した施設をKDDIおよびKDDI総合研究所と再現し、実際の利用状況を想定したタッチレス搭乗ゲート、情報配信、位置測定といった新サービスの実証実験を行う。

実証実験内容は以下の通り。

  • 5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲート
    スマートフォンの専用アプリ等で事前チェックインを実施すると、搭乗ゲートに設置した5G受信機器が自動的かつ素早くチェックイン情報の検知・認証を行い、カバンなどからスマートフォンを取り出すことなく、搭乗ゲートを通過することができる。
  • 顧客のニーズに合わせた情報配信
    ラウンジなどの特定エリアを対象に、そこに滞在している顧客のみが視聴可能なコンテンツを配信。「5G」ならではの、VRを含めた高精細な映像や案内などの特別な内容を見ることができ、それぞれの空間や顧客のニーズに合わせたコンテンツの提供が可能となる。
  • 位置測定
    スマートフォンなどの携帯端末から空港内における滞在位置を「5G」を活用して把握し、その位置からゲートまでの道順や搭乗予定時刻の案内を送ることで、適時適切なコンテンツの提供、スムーズな搭乗の実現を目指す。

各社の役割は以下の通り。

  • JAL
    ・空港・機内などにおける新しい体験の企画、開発
    ・「JAL Innovation Lab」の提供
  • KDDI
    ・5G環境の提供
  • KDDI総合研究所
    ・5Gの無線特性を生かした独自の技術開発
    ・サービス実現に向けた実証実験の実施

【関連リンク】
KDDI総合研究所(KDDI Research)

Previous

AI/IoT業界リーダーが登壇!小売・製造・教育向け無料AI(人工知能)活用セミナー渋谷で開催

FRONTEO、AI実装の汎用性を高めた独自開発AIエンジン「KIBIT G2」提供開始

Next