ソフトバンクとリコー、 5G活用で高精細かつハイフレームレート360度映像の伝送実験

ソフトバンク株式会社と株式会社リコーは共同で、コンシューマー向けのカメラ機器を使用したライブ映像配信の最適化やリッチコンテンツ化に向けて、第5世代移動通信システム(以下「5G」)を活用した映像伝送実験を、2018年10月に実施した。

近年、SNSや映像配信サービスの拡大により、YouTuberをはじめコンシューマー自らが、映像やコンテンツを配信する需要が高まっている。

そこで両社は、高速・大容量でデータ通信が可能な5Gの普及を見据えて、リコーが開発した高精細かつハイフレームレートの撮影が可能なコンパクトサイズの360度ライブカメラを使用して、屋外で撮影した臨場感のある360度映像のリアルタイム伝送と、YouTubeサーバーへ同時に映像配信する実験を実施した。

360度映像をVRヘッドセットで視聴するに当たっては、VR酔いを引き起こすなど映像のちらつきがコンテンツの品質を左右するため、ハイフレームレートの映像が最適だとされている。一方で、ハイフレームレートの映像の伝送は、大容量のデータを伝送する必要があるため、データ通信量が多い環境下においては、現行の4Gネットワークでは対応できないという課題があった。

今回の実証実験では、ハイフレームレートの360度映像の伝送と5Gの親和性が確認できたほか、同時にYouTubeサーバーへの配信にも成功したことにより、コンシューマー自らが臨場感のあるコンテンツを、5Gネットワークを介して配信できる可能性が確認された。

実験の内容と結果

下記の項目について実験を行い、いずれも高精細な映像が伝送されていることを確認した。

  1. ソフトバンク本社(東京都港区)に映像コントロール用のパソコンを、「5G×IoT Studio」の赤坂エリア(東京都港区)に5G小型端末および360度ライブカメラを設置して、カメラで撮影した映像を、5Gネットワークを介してパソコンに伝送し、VRヘッドセットを用いて映像を確認
  2. 上記構成において、5G小型端末および360度ライブカメラを移動させながら映像を確認
  3. 上記環境において、ソフトバンク本社からYouTubeサーバーへ伝送・配信し、YouTube経由およびVRヘッドセットを使用して映像を確認

「5G×IoT Studio」について

ソフトバンクは、5GやIoTを活用した新たなサービス、ソリューション、プロダクトの提供を目指す企業向けに、5Gの実験機器での技術検証ができるトライアル環境を提供し、さまざまな企業と新たな価値の共創を目指す「5G×IoT Studio」を2018年2月に開始した。

5G×IoT Studio
5G×IoT Studio

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
リコー(Ricoh)
5G×IoT Studio

Previous

順天堂大学とNTT Com、農作業によるストレス軽減に関する実証実験を開始

日本TI、産業用市場にミリ波テクノロジを提供する60GHzセンサ製品を発表

Next