日本TI、産業用市場にミリ波テクノロジを提供する60GHzセンサ製品を発表

日本テキサス・インスツルメンツは、60GHzセンサ製品ポートフォリオを発表した。

新製品の「IWR6x」ミリ波センサ製品は、オンチップの処理機能、リアルタイムの意志決定能力や信号処理機能などを提供し、産業用オートメーションを可能にする。これら最新の60GHzミリ波センサ製品は、アンテナ・オン・パッケージ(パッケージにアンテナ基板を実装)製品を含み、これまでのRF(高周波)の設計にまつわる困難を解消すると同時に、サイズを最大75パーセント縮小するほか、総合コストを低減するという。

設計者は、60GHzミリ波センサ製品を使うことで、幅広いロボティクス、ファクトリ・オートメーションやビル・オートメーションなどの製品設計にミリ波テクノロジを実装することが可能になり、このISMバンドを活用して幅広い展開が可能になるという。

「IWR6x」センサ製品の特長は以下の通り。

  • 複数の処理機能を統合、誤検出を減少させるとともに、リアルタイムの意志決定が可能、多くのシステムでマイコンやプロセッサが不要
  • 最大4GHzの超広帯域のミリ波センサが、対象物、複数の人体や動きを、呼吸やタイピング操作のレベルまで精細に検知。24GHzセンサ製品と比較して最大16倍の精度を提供
  • ミリ波テクノロジがビル、ファクトリ・オートメーションを拡張し、人数計数、モーション検知、ロボティクス、事故防止、バイタルサインモニタ、などを、よりスマートに実現
  • 60GHzミリ波センサ製品は、高密度の設置場所、多様な照明条件や環境条件でも動作するほか、ガラス、プラスチックや乾式壁などの材料を透過することから、既存のシステムの精度を向上
  • 製品開発を迅速な開始に役立つアンテナ・オン・パッケージ、スケーラブルなソフトウェア・プラットフォーム、各種の特定アプリケーション向けのアルゴリズムや複数のリファレンス・デザインなどを含む、包括的なプラットフォームを提供

量産開始前製品の「IWR6843」デバイスは11月12日よりTI storeから提供開始。「IWR6843」モジュール開発プラットフォーム(「IWR6843-STARTER-BDL」)は単価(参考価格)324ドルで、追加のアンテナ・モジュール(「IWR6843ISK」)は、 同125ドルで提供中だ。

Previous

ソフトバンクとリコー、 5G活用で高精細かつハイフレームレート360度映像の伝送実験

TP-Link、トライバンド・IoT対応のメッシュWi-Fiルーター「Deco M9 Plus」発売

Next