マクニカネットワークス、機械学習の自動化プラットフォーム「Driverless AI」を提供するH2O.ai社と代理店契約を締結

ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社は、米国 H2O.aiと日本における代理店契約を締結した。

製品名 Driverless AI
提供形態 年間サブスクリプションライセンス
提供開始日 2018年11月 8日

AI採用に必要なデータサイエンス人材不足

多くの企業や組織においてビッグデータ活用、AIのビジネスへの採用が本格化しつつある。特にビジネス現場での活用に注目される機械学習は、売上予測、顧客の離反予測、生産設備の故障予測など様々な場面において大きな効果を上げており、適用範囲が拡大している。

ビジネスへのAI活用を実現するためには、データサイエンティスト等の高度なスキルを有した専門家の存在が不可欠と言われている。しかし、このAI分野に欠かせないデータサイエンス人材は、自社で充足することは難しいのが現状。データサイエンス人材の不足は企業・組織でのビジネス課題の解決を目的としたAI活用を妨げる大きな課題となっている。

自動化によるAI活用の推進

マクニカネットワークスは上記の課題を補い、企業におけるAI活用を促進する一助として、H2O.ai社と一次販売代理店を締結し、同社製品である「Driverless AI」の提供を開始する。

Driverless AIは、企業が保有するあらゆるデータを基に、通常データサイエンティストが行う機械学習におけるモデル作成業務を自動化・高速化する。これにより、データサイエンスに関する高度なスキルを不要とし、データをDriverless AIに投入するだけで、世界トップのデータサイエンティストと同レベルのモデルを自動作成することを可能とする。

Driverless AIは世界のトップデータサイエンティストのノウハウをソフトウェア化し、モデルの精度を左右する特徴量設計の自動化、GPUを活用した高速演算による精度の高いモデルを高速に生成する事が可能。

また、モデルの判定理由可視化機能(Machine Learning Interpretability (MLI))では、ビジネスシーンへの適用を鑑み、予測結果に影響を与えた要因を可視化することで、社内・社外のステークホルダーへの説明責任を果たすことができる。

これらに加えて時系列データやNLP(自然言語処理)への対応等、顧客のビジネス課題に対応すべく新機能を続々と追加するとのこと。

【Driverless AIの機能】

  1. データの自動可視化 (Automatic Visualization)
  2. 特徴量自動設計 (Automatic Feature Engineering)
  3. モデルの判定理由可視化 (Machine Learning Interpretability (MLI))
  4. モデル結果レポート作成 (Automatic Documentation)
  5. Python, Java環境用実行モジュール生成(Automatic Scoring Pipelines)
  6. 時系列データ対応

【Driverless AIの特徴】

  1. トップデータサイエンティストのノウハウをソフトウェア化
  2. GPU活用によるモデル作成高速化
  3. 活発なユーザコミュニティ
画面サンプル
画面サンプル

【関連リンク】
マクニカネットワークス(Macnica Networks)

Previous

マクセル、医療・ヘルスケアパッチ向け電池「Air Patch Battery」を開発

ウフル、IoT対応ゲートウェイ「enebular Mesh Network EGRET」を販売開始

Next