シャープ、AIoT商品が体験できる全国キャラバン「COCORO+キャラバントラック」開始

シャープ株式会社は、同社のAIoTクラウドサービス「COCORO+」と連携したAIoT商品を体験できる「COCORO+キャラバントラック」による全国キャラバンを本日11月9日から開始した。

このトラックは、同社の商品であるヘルシオ・ヘルシオ ホットクック・冷蔵庫・AQUOS・スマートフォン・エアコン・空気清浄機・ドラム式洗濯機などのAIoT商品を顧客が身近で体験できる移動式展示スペースで、全国約60カ所の量販店や地域店、展示会イベントなどに出張する。また、東京・大阪・名古屋などの大都市圏を中心に、よしもと芸人とのコラボイベントが実施され、販売店の研修などにも活用されるという。

「COCORO+」とは、家電やIT機器に「ココロ」をプラスし、単なる道具からパートナーに変えていくサービスブランドの総称。音声対話による献立相談や、新たなレシピの追加・検索など、毎日の料理が便利で快適になるサービス「COCORO KITCHEN」や、人工知能が天気や気候、好みに合わせてエアコンや空気清浄機をコントロールしてくれる「COCORO AIR」などさまざまなサービスを展開し、各サービスに対応した商品は10カテゴリー150機種以上に拡大している。(2018年11月9日現在)

【関連リンク】
AIoTクラウドサービス「COCORO+」

Previous

JIMTOF2018に見る、製造業のスマート化と課題

Qrioのスマートロック「Qrio Lock」がGoogleアシスタント対応、声で自宅の鍵を施錠可能に

Next