NECの顔認証技術を用いた本人確認システム、コンサートのチケット転売防止・入場時間短縮

日本電気株式会社(以下、NEC)とNECソリューションイノベータ株式会社は、アーティストのチケッティング業務などを行う株式会社テイパーズと協力し、顔認証技術を用いた本人確認システムを、11月6日から国内7か所の会場で行われている宇多田ヒカル氏のコンサートツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」で活用する。

同システムは、NECの生体認証「Bio-IDiom(バイオイディオム)」(※)の中核技術である顔認証AIエンジン「NeoFace」を用いて、NECソリューションイノベータが構築したもの。これにより、顔写真付き身分証明書を用いた目視での本人確認方法と比べ、来場者の入場にかかる時間を最大50%短縮可能になるという。

テイパーズは、同システムを自社のチケット発券システムと組み合わせて利用することで、コンサートのチケット転売防止や来場者の円滑な入場を実現する。

NECグループはテイパーズと共に、顔認証技術を用いた本人確認システムを2014年に日本で初めてコンサート会場に導入し、4年間で110万人にのぼる利用をとおして、チケット転売防止につながる効果を得ることができたという。今回、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」の最新版を用いて、照明条件や顔の角度やカメラとの距離など多様な環境下での本人確認の精度を高めた、より進化した本人確認システムを活用するという。

また、NECとNECソリューションイノベータは、顔認証をはじめとする生体認証を用いたソリューションを、セーフティ領域・マーケティング領域・顧客サービス領域など幅広い領域に向けて提供していく。

※「Bio-IDiom(バイオイディオム)」:顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響など、NECの生体認証の総称。ニーズに合わせて生体認証を使い分け、あるいは組み合わせることで、「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」を実現していく。

【関連リンク】
NECソリューションイノベータ(NES)
テイパーズ(TAPIRS)

Previous

日立と清華大学、超スマート社会の実現に向けて戦略的提携協定を締結

IoT人気記事ランキング|Roadstar.aiが描く中国のロボタクシー事業など[11/5-11/11]

Next