医用工学研究所の病院向けデータウェアハウス「CLISTA!アプライアンス」、ウイングアーク1stのBIダッシュボードを採用

株式会社医用工学研究所は、ウイングアーク1st株式会社と協業し、医用工学研究所製の中小規模病院向けデータウェアハウス(※)システム「CLISTA!アプライアンス」に、ウイングアーク製BIダッシュボード「MotionBoard」をバンドルして、2019年1月から販売開始する。

「CLISTA!アプライアンス」は、従来の「CLISTA!」シリーズの検索機能に加え、ウイングアーク製BIダッシュボード「MotionBoard」、日本マイクロソフトのデータベース「SQL Server」、Dell EMC製サーバー「Dell EMC PowerEdge R440」を採用し、検証済み構成としてバンドルした「CLISTA!」シリーズの新製品。基幹データを担保することにより、病院での、経営改善、業務改革、医療の質向上に寄与するという。特長は以下の通り。

  • 病院内システムに分散したデータを集約
    病院内の様々なデータについて、それぞれが異なるメーカーのシステム同士の場合であっても、一元的なデータ集約を実現。
  • 院内データの見える化が可能
    経営改善や業務改革を達成するための分析コンテンツをあらかじめ10種類設定し提供。導入後、すぐにシステムを利用できる。また、「MotionBoard」標準搭載のため、院内データの見える化が可能。
  • さらなる付加価値として、他院比較可能なベンチマークサービスを提供予定
    各病院の「CLISTA!」アプライアンス内で匿名加工したデータ(医事、電子カルテ)を受領し、ベンチマークの仕組みを提供予定。同サービスは、3省4ガイドラインへの対応をはじめ、日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」を採用。
医用工学研究所の病院向けデータウェアハウス「CLISTA!アプライアンス」、ウイングアーク1stのBIダッシュボードを採用
ウイングアーク製BIダッシュボード「MotionBoard」

※ データウェアハウス:「情報(Data)」の「倉庫(Warehouse)」を意味する用語。院内のオーダーデータ、電子カルテデータ、各部門システムのデータなど、様々なデータをひとまとめに集約。二次利用のために整理し、データを横断的に、あらゆる視点から分析するシステム。

【関連リンク】
医用工学研究所(Medical Engineering Institute)
Dell EMC

Previous

ローム・京都大学・日新システムズ、Wi-SUN FAN経由でArm Pelion IoT Platformへの接続を実現

OKI、東京国立博物館で映像IoTシステム「AISION」活用した来場者管理の自動化に向けた実証実験を実施

Next