ZMP、自動運転等の研究開発向け、実車1/10スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」発売

株式会社ZMPは、実車1/10スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」を発売した。

これは、自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発に向けたロボットカーであり、2009年の発売以来自動車/部品メーカ、大学等研究教育機関で好評のRoboCar(R) 1/10シリーズの最新モデルだ。

オンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実、よりスムーズな研究開発・実験が可能となった。

外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載、車両周囲のセンシングに利用可能だ。また、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載、車両の挙動や走行距離の把握が可能。

開発環境として各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意、これらのライブラリを用いて顧客が自由にアプリケーションを開発することが可能。

 

【主な特長】

  • 実車の1/10スケールにより室内で実験が可能
  • カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載
  • 開発環境を用いてお客様が独自にアプリを開発することが可能
  • 障害物回避などのサンプルプログラムを提供
  • 従来製品と比べ開発環境が充実(下記)し、より効率的・スムーズな開発が可能に
    • コンソール、マウス・キーボードを車両本体に直接接続し、GUIでのオンボード開発が可能
    • ディスク容量をSSD 64GBに増強。実験時の画像データ等の蓄積が容易に
    • 汎用的な開発環境(Linux(Ubuntu)、C++、OpenCV)に対応し開発効率の向上をサポート
    • 開発時はAC電源、走行時はバッテリ利用、とシステムを起動したまま電源を切替可能
    • 最新WiFi(802.11ac)に対応。実験時の通信環境の制約を低減
ZMP、自動運転等の研究開発向け、実車1/10スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」発売
開発・実験イメージ

ZMP、自動運転等の研究開発向け、実車1/10スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」発売

【主な仕様】

ZMP、自動運転等の研究開発向け、実車1/10スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」発売

【価格】

RoboCar 1/10 2016  一般 80万円(税別)/アカデミック 68万円(税別)
RoboCar 1/10 2016前後レーザレンジセンサセット 一般 104万円(税別)/アカデミック 92万円(税別)

 

同製品は、1 月 13 日(水)~15 日(金)に東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド 2016/第 4 回 コネクティッド・カー EXPO」に展示される。(ブース:W13-4)

 

【関連リンク】
ZMP

Previous

TISと奈良先端大、「マルチモーダルインタラクションを用いた パブリックスペースにおける対話処理」を共同研究

SORACOM Conference “Connected” ~IoT つながる その先へ~ 1/27開催 満席の為、ライブ配信も決定

Next