Plug and Play Japan、J-POWERとIoT分野での「エコシステム・パートナーシップ」を締結

Plug and Play Japan株式会社は、電源開発株式会社(以下、J-POWER)と、IoT分野での「エコシステム・パートナーシップ」契約を締結した。

Plug and Playはスタートアップを大手企業とともに支援していくグローバル・ベンチャーキャピタル アクセラレーターだ。2018年6月~9月期に実施されたたアクセラレーションプログラム「Batch 1」では、Fintech、Insurtech、IoT、Mobilityの4業界で、公式パートナーである国内大手企業14社と共に、国内外併せて53社のスタートアップを支援した。

11月から始まる新しいアクセラレーションプログラム 「Batch 2」では、Batch 1から引き続き同4業界で、国内外のスタートアップを支援する。公式パートナーは、J-POWERが加わり19社になるという。

【関連リンク】
Plug and Play Japan
電源開発(J-POWER)

Previous

DeNA、タクシー配車アプリ「タクベル」を新名称「MOV」に変更、全国展開リブランディング

凸版印刷の偽造品対策可能な真贋判定ICタグ、ブルゴーニュの高級ワインメーカーで採用

Next