ミツフジと日本情報通信がウェアラブルIoT「hamon」のパートナー契約を締結、業務担当者の安全管理・見守りソリューションを提供

ミツフジ株式会社と、日本情報通信株式会社(以下、NI+C)は、ミツフジのウェアラブルIoTデバイスを活用した生体情報マネジメント・サービス「hamon Cloud サービス」のチャネルパートナー契約を締結した。これにより、NI+Cは「hamon」を利用したクラウドサービスによる業務担当者の安全管理・見守りソリューションを提供開始する。

これに先立ち、NI+Cは、「hamon」のクラウド・プラットフォームに採用されたIBMの産業用IoTソリューション「IBM Maximo Worker Insights」のクラウド・プラットフォームの提供やアプリケーション開発、運用を行い、ミツフジと連携する。

「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」の組合せにより、業務担当者の心拍などの生体データ、湿度や温度、などの環境データを分析し、建築現場や工場内で働く業務担当者の体調やストレス、疲れを検知するアルゴリズムに基づき作業現場で働く業務担当者の見守りサービスを実現。また、位置情報などもデータとして収集できるため、より効率的な作業促進のための分析が可能だという。

【関連リンク】
ミツフジ(Mitsufuji)
日本情報通信(NI+C)

Previous

ABEJAシンガポールとデンソー・インターナショナル・アジア、タイで工場の業務効率化に向けた協業を本格開始

Original Inc. 、高精度身体採寸テクノロジー「Bodygram」の正式ローンチと、採寸データプラットフォーム「BodyBank」の設立を発表

Next