ルネサス、スマートファクトリ向けRZ/N1S IO-Linkマスタソリューションを提供開始

ルネサス エレクトロニクス株式会社は、産業用ネットワーク機器向けにIO-Linkマスタの実装を容易にする新たな開発キットとして、「RZ/N1S IO-Linkマスタソリューション」を発表した。

このソリューションには、RZ/N1S を搭載したIO-Linkマスタ評価ボードに加え、ドイツのTMG Technologie und Engineering GmbH社(以下TMG TE)が開発したプロトコルスタック(評価版)が含まれている。

評価ボードには8つのIO-Linkコネクタが搭載されているため、ユーザはIO-Linkスレーブデバイスを接続してすぐに評価を開始することが可能。オールインワンの開発キットが、プロトタイプから量産までの開発期間を大幅に短縮するとのこと。

ソリューションの中核となるルネサスの産業用マイクロプロセッサ「RZ/N1S」は、2つの独立したCPU、R-INエンジン、そして大容量の内蔵SRAMを搭載している。

1つのCPU が8ポートのIO-Linkマスタを制御し、もう一方のCPUとR-INエンジンが産業用イーサネット通信を制御する。これにより、RZ/N1Sは、外付けのマイクロコントローラやDDRなどのメモリを使用することなく、IO-LinkマスタとPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)などの上位レイヤとの産業用イーサネット通信を実現する。

また12×12㎜の小型LFBGAパッケージ品のため、コンパクトな製品設計を可能にする。

RZ/N1S IO-Linkマスタソリューションの主な特長

オールインワン開発キットにより、システム評価にかかる期間を最大6か月短縮可能

  • IO-Linkマスタの評価に必要となる開発環境を提供することにより、製品化へのプロセスを加速
  • 評価ボードに搭載された8ポートのIO-Linkをスレーブデバイスと接続し、素早いプロトタイプ開発が可能
  • パートナのTMG TEが提供するプロトコルスタックを使用することで、プロトタイプから量産への移行に必要
  • スペースが限られる産業用機器に最適

  • RZ/N1S は、6MBのオンチップSRAMにより、外付けメモリが不要
  • コンパクトな12mm×12mm LFBGAパッケージにより、スペースに制約がある産業用機器に最適
  • 【関連リンク】
    ルネサス(Renesas)

    Previous

    【11/29 マイクロソフト ウェビナー申込受付中】スマートビルディングにおける驚くべき3つのIoTトレンド

    オムロン、駅業務オートメーション化に向けた実証実験を開始、第1弾「自律走行の警備ロボット」

    Next