STマイクロエレクトロニクス、スマートシティ・再生可能エネルギー制御など向けの通信プロトコル対応電力線通信チップセットを発表

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、電気・ガス・水道メータ以外の産業機器(スマート・シティ、街路照明、再生可能エネルギー制御、スマートな鉄道用トンネル・駅など)向けの通信プロトコルであるG3-PLCの通信規格CENELEC B認証取得済みプロトコル・スタックを搭載した電力線通信(PLC)ソリューション「ST8500」を発表した。

すべてのG3-PLCの規格および周波数帯域に対応するST8500は、CENELECおよびFCC帯域でPRIME 1.3.6〜PRIME 1.4までのPRIME規格に対する認証取得済みライブラリを提供している。すべてのスタックで、あらゆる分野で優れたネットワーク適用範囲を保証するための高性能ルーティング・アルゴリズムが採用されている。

プログラム可能なST8500は、さまざまなPLC規格の変調とコーディング方式を処理する専用リアルタイム・エンジンと、上位層の処理およびシステム制御を担う電力効率に優れたArm Cortex-M4Fプロセッサを搭載している。これにより、機器メーカーは、単一のハードウェア・プラットフォームで複数の市場と地域に対応することができ、リモート更新で、現場の資産を長期にわたって使用することができるという。

AES暗号化エンジンなど、スマート・エネルギー・アプリケーション向けの専用ペリフェラルも実装されている同製品は、消費電力が受信モードで100mW未満であり、新しいスマート・メータによるグリッドへの負荷を最小限に抑えるという。

ST8500は、内蔵されている包括的なアナログ・フロントエンド(AFE)により、STLD1ライン・ドライバに直接接続できるため、シングル・ベンダーによる実用化された完全な電力線トランシーバ・ソリューションに貢献する。また、高いドライバ性能と、シングル・エンドで18V、差動モードで36Vという広範な出力範囲にわたる高い線形性を持つ同製品は、ノイズの多いケーブルでも信頼性の高い通信を行えるという。

2チップの構成により、スマート・グリッドやIoT機器で、クラス最高の性能、超低消費電力、高い柔軟性およびコスト・パフォーマンスに優れたコネクティビティを実現するという。

Previous

ABB、電力設備の状態をリアルタイムで評価する予測保全ソリューションを提供

IDC、国内携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増、アップルがシェア47.4%でトップと発表

Next