Plug and Play Japan、スズキとMobility分野での「エコシステム・パートナーシップ」を締結

Plug and Play Japan株式会社は、スズキ株式会社と、Mobility分野での「エコシステム・パートナーシップ」契約を締結した。

Plug and Playはスタートアップを大手企業とともに支援していくグローバル・ベンチャーキャピタル アクセラレーターだ。2018年6月~9月期に実施したアクセラレーションプログラム 「Batch 1」では、 Fintech、Insurtech、IoT、Mobilityの4業界で、公式パートナーである国内大手企業14社と共に、国内外併せて53社のスタートアップを支援した。

Mobility分野のプログラムはBatch 1から始まり、日産自動車株式会社、株式会社デンソー、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、東急不動産株式会社、SOMPOホールディングス株式会社の5社のパートナーに加え、Batch 2から株式会社マクニカ、そして今回のスズキとパートナーは合計7社になった。Plug and Play Japanのパートナー合計は、20社になる。

2020年に創立100周年を迎えるスズキは、今回のパートナーシップにより、国内外のスタートアップとの協業を通して新しい価値づくりのサポートをしていくという。

【関連リンク】
Plug and Play Japan
スズキ(SUZUKI MOTOR)
東急不動産(Tokyu Land)
SOMPOホールディングス(Sompo Holdings)

Previous

AI通訳機「POCKETALK W」、居酒屋つぼ八で訪日外国人客向け接客ツールとして利用開始

iSTCが選ばれる理由、スマートファクトリーの今後と海外展開 ーi Smart Technologies 木村氏、ウフル 八子氏 インタビュー(後編)

Next