STマイクロエレクトロニクス、センサ・フュージョン、音声入力、Bluetooth 5.0メッシュ通信対応のコイン型IoT端末開発ボードを発表

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)は、オールインワンの新しいIoT端末開発ボード「BlueNRG-Tile」を発表した。

直径2.5cmのコイン型サイズでバッテリ駆動の同開発ボードは、STのBluetooth Low Energy 5.0シングル・モード・システム・オン・チップ(SoC)である「BlueNRG-2」を中心に構築されており、このSoCがすべてのセンサ制御、データ処理を行うという。また、iOSまたはAndroid用の無償のデモ・アプリを使用した近くにあるスマートフォンとBluetooth経由で接続することも可能。

Arm Cortex-M0プロセッサとFlashメモリ(最大256KB)を搭載するBlueNRG-2は、最大32767台の複数ノードを接続するメッシュ・ネットワークに対応できるため、スマート・ホームから大規模な産業インフラに至るあらゆるニーズに対して、センシングおよびリモート・モニタリングの範囲を大幅に拡張することができるという。

BlueNRG-Tileは、BlueNRG-2を中心に、加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサ、大気圧センサ、温湿度センサ、MEMSマイクロフォン、ToF測距センサ(FlightSense)などの超低消費電力センサを集積している。

高度に最適化されたセンサ・アーキテクチャを有するBlueNRG-2は、スリープ時(全データを保持)の消費電流を900nA、システム全体のスタンバイ電流を25uAにまで抑えることができる。

さらに、超高速ウェークアップをサポートし、9軸慣性センサ・フュージョンの高効率な実行(Arm Cortex-M0向けに最適化されたセンサ・フュージョン・コードのST MotionFXで動作)、低消費電流(25Hzでわずか1.4mA)で遅延が少ないリアルタイム・データ通信機能を実現するという。

BlueNRG-Tile開発ボードは、利便性の高いデバッグ、プログラミング用内蔵インタフェース、マルチカラーLED、設定可能なウェークアップ・プッシュボタンを備え、開発キットに含まれるマザーボードからプログラミングおよびデバッグが可能だという。

センサ・ノードには、スマートで高い利便性を備えたIoT端末やネットワーク・ノードを構築するために必要なあらゆる要素を含む包括的なソフトウェア開発キット(SDK)が用意されている。このSDKには、BlueNRG-Meshネットワーク・ライブラリ、9軸センサ・フュージョンやイベント検出などのMEMSセンサ・アルゴリズム、Voice-over-BLE(Bluetooth Low Energyでの音声ストリーミング)のコードなど、すぐに使用できるサンプル・ソースコードが含まれている。

さらに、ダイレクト接続するST BLE Sensorsアプリとメッシュ・ネットワークを構築可能なST BLE Meshアプリをアプリ・ストアからダウンロードできる。これらのアプリは、iOSおよびAndroidスマートフォンの両方に対応。

これらの機能を利用することで、開発者はSmart Home、Smart Industry、Smart Buildingなどで使用される幅広いIoTノードの設計、デバッグ、試作、および実用化を迅速に実現できるという。

BlueNRG-Tile(STEVAL-BCN002V1)およびBlueNRG-Tileのプログラム、デバッグ用のSTEVAL-BCN002V1Dプログラミング・ボードを含むSTEVAL-BCN002V1B開発キットは、現在サンプル出荷中。単価は約50ドルで、無償SDKが含まれている。

Previous

iSTCが選ばれる理由、スマートファクトリーの今後と海外展開 ーi Smart Technologies 木村氏、ウフル 八子氏 インタビュー(後編)

NEC、リアルタイム学習AI活用の帳票定義不要で文字入力作業を効率化する「NEC AI-OCRサービス」を提供開始

Next