キヤノンITS・亀山電機等4社、ベルトコンベアの予知保全システムのPoC実施

株式会社亀山電機、キヤノンIT ソリューションズ株式会社(以下、キヤノンITS)、株式会社toor、サイバネットシステム株式会社の4社は、ベルトコンベアに取り付けられた温度、振動などのセンサー情報に加え、ベルトの状態の2D、3D 画像をIoTで取得、分析し、正常運用時との変化を可視化したMAPをモニタリングすることで、故障に繋がる予兆をいち早く検知する予知保全システムのPoCを実施する。2019年度の提供開始を目指す。

製造業の設備で使用される機械装置は、連続稼働での劣化により機能が低下し、突然の故障により、設備が停止、場合によっては、生産停止となり、それにより損失も多大なものとなっている。ベルトコンベアの日々のメンテナンスは現場担当者の目視を中心に行われており、頻度は少ないものの故障発生時はベルトの破断など重大なトラブルにつながることが多く、早急に予知保全が求められているという。

今回のPoCでは、センサー情報と画像の特徴データを合わせ200以上の要素数となる多変量データを統合し、機器全体の稼働状況を俯瞰する事ができる新たなMAP化手法を取り入れたという。この手法により日々の機器の状態監視だけでなく、経年劣化に伴う状態の変化も可視化できるため、機器の区別なく一定周期で行っていたメンテナンスを、個々の機器の状態に応じて必要な時期に実施でき、故障発生リスクの低減、メンテナンスコストの最適化につなげる事ができる。

各社の役割は以下の通り。

  • 亀山電機(PoC主体、事業化検討)
    「予知保全」実現のために、システムインテグレーターとして、身近となったIoT技術により、計測データ、制御データ、各種センサーから収集された様々なデータを集約、MAP化、画像解析技術を組み合わせて、遠隔監視・操作、予知保全のIoTシステムを提案する。
  • キヤノンITS(画像取得、分析、特徴抽出)
    「予知保全」のモデルMAPを作成するためのIoT技術の1つとして、対象ワークに合わせた2D・3Dカメラ撮像制御技術及び、取得した画像データからの特徴量抽出処理手法を提案。さらに、画像特徴量やセンサー情報に対し、分析に適したクレンジング技術によりデータ化を支援する。
  • toor(多変量データMAP化エンジンtoorPIAの提供)
    BIGDAT@Viewerにおけるマップ作成処理と特徴量抽出処理を司るビッグデータ解析エンジンtoorPIAを提供。またPoC向けに、既存マップ上へ新たにセンサー等IoTから取得したデータをリアルタイムプロットするためのエッジコンピューティングtoorPIA Edgeを提供。
  • サイバネット(ビッグデータ可視化、分析システムBIGDAT@Viewerの提供)
    IoTで収集されたセンサー情報や、2D・3D 画像の特徴データから、日々の正常稼働状態のMAPを作成。この正常状態のMAP上に新たに取得されたデータをプロッティングする事により、正常時との比較をMAP上で行う。

【関連リンク】
亀山電機(Kameyama Electric)
キヤノンITS(Canon IT Solutions)
トア(toor)
サイバネット(Cybernet)

Previous

NEC、リアルタイム学習AI活用の帳票定義不要で文字入力作業を効率化する「NEC AI-OCRサービス」を提供開始

SMAP ENERGY、AI活用で平均9.2%の電気代削減と7.7%の電力消費量削減に成功

Next