オールアバウトとArm、パブリッシャー向けデータエクスチェンジ支援を推進、CDPの導入から運用までをサポート

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウトは、コンテンツマーケティングを推進するプラットフォーム「All Aboutプライムアド」に参画するパブリッシャーのデータエクスチェンジ推進を目的に、英Armと協業し、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)(※1)の導入から、運用までを支援する共同商品「All About プライムアド CDPオプション」の提供を、2018年11月30日より開始。

※1:顧客一人ひとりの属性データや行動データを収集・蓄積・統合するためのデータプラットフォーム

「All About プライムアド CDPオプション」により、パブリッシャーが得られるメリット

オールアバウトは、2017年より一次情報メディアとのメディアアライアンスを推進し、企業とパブリッシャーがオープンにデータをつなぐコンテンツマーケティングプラットフォームを構築している。

今回、オールアバウトのメディアアライアンスへ参画するオプションとして、オールアバウトとArmが共同で提供するCDP環境を、パブリッシャーに最適なデータ容量で利用できる。さらに、導入後のデータの蓄積、分析やレポーティングなど、実際にデータを活用する上で必要なシステム環境もオールアバウトが提供している。

これによりパブリッシャーは、CDP導入において大きな課題であったシステム開発に伴うリソースを確保できる。導入後は、Arm Treasure Data eCDPを利用する300社以上のネットワークの一員となり、広告主やベンダーとデータエクスチェンジが可能になる。

また、「All Aboutプライムアド」への参画により、アドネットワークでの収益が得られるだけでなく、オールアバウトと共同でコンテンツマーケティングの展開することで、新たな収益機会が得られるという。

パブリッシャーのデータエクスチェンジ支援の背景

企業がデータを活用し顧客理解を推進する上で、生活者とのコミュニケーションの最前線を担う、良質なパブリッシャーとのデータエクスチェンジは必要不可欠。

しかしながら、多くのパブリッシャーは、現在のデジタルマーケティング市場において収益面で課題があり、CDPの導入費用の捻出、システム開発に伴うエンジニアリソースの確保が困難なため、自社データの蓄積や活用が進んでいないのが現状。

そこで、オールアバウトとArmは、企業とベンダー、パブリッシャーがオープンにデータをつなぎ、様々なデータが流通する新たな市場の創造を目指し、パブリッシャーの負荷を軽減することで、データエクスチェンジへの進出を支援するとのこと。

【関連リンク】
オールアバウト(All About)
ARM

Previous

ストックマーク、AIが営業戦略をサポートする「Asales」をリリース

インサイトテクノロジー、気象データ・過去の実績から翌日の来客数と注文数を予測『来客予測AI』

Next