CAC、感情認識AIで表情トレーニングするアプリを提供開始

株式会社シーエーシー(以下、CAC)は、感情認識AI技術を用いた表情トレーニングアプリ「心sensor for Training」を2018年12月中に提供開始すると発表した。

「心sensor for Training」は、カメラを搭載したPCやタブレット端末上で利用できる表情トレーニングアプリ。カメラが捉えた応対練習中の表情筋の動きを感情認識AIが解析、どのような印象を与える表情であったかを採点するという。

顧客応対練習では、コンテンツ動画を再生しながら、顧客への商材の説明や提案といった、実践的な応対練習を行うことが可能。評価は、シーンごとに適した表情指標を表出できているか、話すスピードや説明の時間の長さなど複数の評価軸で総合的に行われ、トレーニング結果はグラフや数値で利用者へフィードバック。改善ポイントなどのアドバイスも提示される。

トレーニングデータは蓄積され、過去複数回の結果比較によって、成長度や変化の推移を把握することが可能だという。

「心sensor for Training」は、個人だけではなく、営業担当者や販売員のコミュニケーションスキル向上のための社内研修での活用や、定期的なトレーニング等にも利用可能である。

今後、以下の機能追加が予定されている。

  • コンテンツの自動配信、結果の自動集信
  • 仮想化環境、クラウド環境対応
  • スマホ版アプリのリリース

【関連リンク】
シーエーシー(CAC)

Previous

NEC・OKI等、「AI間連携基盤技術」のNEDO事業に採択

ソラコムの「SORACOM Air for セルラー」、富士山の銘水のIoTウォーターサーバーに採用

Next