マーケットエンタープライズの買取機能がau HOMEに追加、家電をアプリで売却可能

株式会社マーケットエンタープライズの「高く売れるドットコム」の買取機能が、KDDI株式会社が提供する「au HOME」サービス拡充の一環として機能追加された。ユーザーは、登録した自宅の家電を同社サービスを通じて簡単に売却することができるという。

KDDIが展開するau HOMEは、アプリ上で保有家電を一元管理し、取扱説明書の確認や消耗品の購入をサポートする家電管理機能を提供している。保有家電は「不用になったときの処分方法が分からない」という声が多く、特に大型家電は、家電リサイクル法の影響や輸送の手間のため処分に困るケースが多いことから、全国的に出張買取に対応しているマーケットエンタープライズの「高く売れるドットコム」が連携する。

au HOMEアプリと連携した「高く売れるドットコム」の買取サービスでは、アプリで一元管理された保有家電が不用になった際や保有家電を買い換える際に、対象製品を同サービスにいくらで売れるのか査定の申請をすることができる。査定額に同意すると、同社の買取サービス(出張買取・宅配買取)を利用し、家電が不用になった際や買い換える際に売却することができるという。同サービスの利用料金は発生しない。

【関連リンク】
マーケットエンタープライズ(MarketEnterprise)
au HOME

Previous

パナソニックの「HomeX」とクックパッドの「OiCy」、戦略的パートナーとして共同開発を開始

2018年のIoTをふりかえる ―八子知礼×小泉耕二【第12回】

Next