COUNTERWORKS、店舗運営SaaS化の実証実験を表参道で開始

ポップアップストア(※)のマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」を運営する株式会社COUNTERWORKSは、店舗運営のSaaS化を実現するプラットフォーム「adpt(アダプト)」の実証実験を開始する。

同実証実験では、COUNTERWORKSが、販売員、什器、在庫・売上管理・決済システムなどを提供し店舗を運営するため、メーカーの店舗出店・運営負荷の軽減に繋がる。また、メーカーがPOS(販売時点情報管理)データでは得られなかった、来店数や製品体験数、接客時の定性情報などの来店者のデータをメーカーに提供することで、オフラインでのメーカーのマーケティング活動支援に取り組むという。

メーカー向けの提供サービスは以下の通り。

  • adptにおける商品展示・体験スペースの利用
  • COUNTERWORKS が提供する販売員、商品展示用什器、在庫・売上管理・決済システムの利用
  • 来店数や製品体験数、接客時の定性情報などの来店者データ

第一弾として、2019年2月14日から3月11日までの期間限定で、東京・表参道に、IoT製品・生活家電・ガジェットを取り扱う実店舗「adpt」をオープン。

IoT製品・生活家電・ガジェットは、オンラインでの販売も伸びているが、実際に体験しないと顧客が製品の価値を実感しづらい現状がある。商品単価が高く、購入までのハードルが高い製品のため、同実験店舗では来店者データをメーカーに提供していくことで、非購買者の行動・意見をフィードバックし、マーケティング・製品改善を支援する活動を実験的に行うという。

※ポップアップストア:短期間のみ出店する期間限定の店舗

【関連リンク】
カウンターワークス(COUNTERWORKS)

Previous

IoT人気記事ランキング|ソニー独自のLPWA技術「ELTRES」など[12/3-12/9]

シャープと広島大学、「ロボホン」活用したプログラミング教育の実証授業を広島で開始

Next