SAPジャパン、デジタル変革推進の場「SAP Leonardo Center Tokyo」の開設決定

SAPジャパン株式会社は、デジタル変革やイノベーションを推進するための場として、「SAP Leonardo Center Tokyo」を開設すると発表した。

SAP Leonardo Center Tokyoには、SAP Leonardoが持つIoT、マシンラーニング、ブロックチェーン、ビッグデータ、アナリティクス、データインテリジェンス、SAP Cloud Platformといったポートフォリオ、最先端のデジタル機器やソリューションを活用したイノベーションコンセプトの展示とデジタル変革した姿をバーチャル体験できるスペースImmersive Experienceが用意されるという。このスペースでは、デジタル変革のさまざまなシナリオが体感できるという。

同時に、ビジネスアイデア創出にむけたデザインシンキングのためのスペースも設置。SAP Educationでコースを修了し資格検定を取得したデザインシンキング認定アソシエイトが常駐し、デザインシンキングの効果を最大化するノウハウを提供するという。

SAP Leonardo Centerは、現在、ニューヨーク(米国)、パリ(フランス)、バンガロール(インド)、サン・レオポルド(ブラジル)、シンガポールに展開されており、今回東京で開設される。同センターは、2019年第2四半期(4~6月)に東京都千代田区にあるオフィスビル「大手町ビル」9階に開設予定だ。

【関連リンク】
エスエイピー(SAP)

Previous

マカフィー、2019年は企業データや家庭用IoTデバイスがサイバー犯罪者の攻撃対象と予測

AI・機械学習機能搭載型ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」日本でレンタルサービス開始

Next