ライナフ、不動産の空室管理から入居者の鍵として継続使用可能なスマートロック「NinjaLockM」発売

不動産向けIoT製品を開発する株式会社ライナフは、新型スマートロック「NinjaLockM」を2019年春から発売開始する。

「NinjaLockM」は、鍵メーカーとの共同開発によって開発された完全固定式のスマートロック。不動産会社の空室管理用の鍵だけでなく、そのまま入居者の鍵として継続使用できるという。

詳細は、後日発表予定だ。

Previous

KDDI・大林組・NEC、5G活用で建機の遠隔操作による連携作業に成功

オプティムの店内カメラ映像からAIが消費者の行動を分析する「OPTiM AI Camera for Retail CE」、「蔦屋家電+」に提供

Next