Secualがスマートタウン向けサービス「NiSUMU」を開発、積水化学工業の朝霞分譲地で採用

株式会社Secualは、スマートタウン向けの統合サービスとして「NiSUMU(ニスム)」を開発し、セキスイタウンマネジメント株式会社へ提供する。セキスイタウンマネジメントは、積水化学工業株式会社 住宅カンパニーが1月4日に設立すると本日発表した新会社だ。

Secualは積水化学工業とスマートタウンマネジメント事業の共同推進しており、現在、埼玉県朝霞市根岸台の朝霞分譲地でまちづくりを進めている。新しいまちづくりをテクノロジーで支えるプラットフォームとして「NiSUMU」が開発された。

「NiSUMU」は分譲管理機能に加え、スマートセキュリティ、スマートコミュニティ、スマートコンシェルジュをワンストップで提供する、スマートタウン向け統合サービス。「NiSUMU」の提供予定機能は以下の通り。

  • 分譲管理機能
    業務管理機能、総会/理事会開催補助、共用設備予約、スマート回覧板 等
  • セキュリティ機能
    ・家庭向けホームセキュリティ機能(セキュリティデバイスの操作・通知受信 等)
    ・タウンセキュリティ機能(タウン内スマート街灯による映像解析、見守り通知受信 等)
  • サポート機能
    ・ライフサポートサービス(水鍵トラブル駆けつけ、家事代行、ハウスクリーニング 等)
    ・AIコンシェルジュサービス(チャット形式での自動問合せ対応 等)
  • コミュニティ機能
    イベント情報の配信、地域のチラシやクーポンの配信、自治体からの知らせ、タウン内SNS等(2018年12月時点の内容であり、順次提供開始していく予定)

【関連リンク】
「NiSUMU(ニスム)」
積水化学工業(SEKISUI CHEMICAL)

Previous

ORVIBOスマートホーム・セキュリティシリーズ、ZigBee通信対応のゲートウェイとセンサー装置を発売

東芝エネルギーシステムズ、IoTで蓄電池を制御するバーチャル・パワープラント運用サービスを開始

Next