ライナフとパルシステムが提携、IoT活用でオートロックマンション不在宅でも玄関先まで食材配達を可能に

株式会社ライナフは、生活協同組合パルシステム東京(以下、パルシステム)と提携し、オートロックマンション不在宅でも食材配達を可能にする取り組みを開始すると発表した。東京都中野区の賃貸マンション「エミリブ鷺ノ宮」にて導入し、順次拡大していくという。

パルシステムでは、不在時でも玄関先などの指定場所まで食材を届けるサービスを提供しているが、オートロックマンションでは、セキュリティの観点からこれらのサービス提供が難しい状況だった。

そこで、ライナフが開発するインターネットや携帯電話から遠隔操作でオートロックの解錠が行えるオートロックエントランス用のIoT製品「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」を活用し、パルシステムの配達スタッフを識別する専用カードキーを発行。カードをかざすことでオートロックを解錠、玄関先などの指定場所まで荷物を届けるという。エントランスの開閉履歴はリアルタイムに管理され、マンション自体のセキュリティを強化するという。

【関連リンク】
パルシステム(pal system)
「NinjaEntrance」

Previous

ウイングアーク1st、小規模商圏で把握可能な人口統計データ「あさひる統計」を月額定額サービスで提供開始

指輪型スマートデバイス「ORII」、+Styleで発売

Next