西菱電機、「プライベートLoRaWAN検証キット」提供開始

西菱電機株式会社は、IoTデバイス、LoRaゲートウェイ、LoRaWANサーバ、IoTダッシュボードがセットになった「プライベートLoRaWAN検証キット」を本日から提供開始した。

広域なネットワークを自社専用回線として利用でき、検証後もデバイスや環境はそのまま使用できるという。同キットの特長は以下の通り。

  1. LoRaWANの通信料がかからず、ランニングコストを抑えられる。
  2. 広域なネットワークを自社で自由に構築できる。
  3. 検証後もそのまま使用できるため無駄がなく経済的。

ゲートウェイは屋内用と屋外用の2種類の中から設置環境に合わせて選べる。

※LoRaWAN:低消費電力、長距離通信を特徴とするLPWA(Low Power Wide Area)通信方式の一つで、無線局免許が不要となる920MHz帯を利用する無線通信規格。

【関連リンク】
西菱電機(SEIRYO ELECTRIC)

Previous

IDC、2018年第3四半期の世界のウェアラブルデバイス出荷台数は3,195万台、Xiaomiがトップと発表

インヴェンティット、ヘルスケアIoTサービスを提供開始

Next