ぷらっとホームの「IoTセンサー・デバイスパートナープログラム」にOKIが参加

ぷらっとホーム株式会社は、沖電気工業株式会社(以下、OKI)が、ぷらっとホームの協業プログラム「IoTセンサー・デバイス パートナープログラム」に参加したことを発表した。

「IoTセンサー・デバイス パートナープログラム」はIoTシステムにおける、「センサー」や「デバイス」と「IoTゲートウェイ」の連携を強化することで、IoTシステムのスムーズで安定性の高い構築を実現し、顧客への価値向上とIoT市場の拡大を目的とした、協業プログラムだ。

ぷらっとホームは、OKIの同プログラム参加によって、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT Family」(以下、OpenBlocks IoT)にてOKIの提供する920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」対応デバイスとのコネクティビティをサポートするとともに、IoTにおける市場開拓を含めた協業活動を行っていくという。

OKIの提供する「SmartHop」は広いエリアをカバーするセンサーネットワークを配線なしで構築できる特長をもち、特に工場をもつ製造業へ広く普及している。

ぷらっとホームのOpenBlocks IoTとOKIのSmartHopを組み合わせることで、広域をカバーする無線マルチホップネットワークシステムで収集したデータを容易に各種クラウドサービスで活用したり、IoTエッジコンピューティング機能を使ったシステムなど、広域な工場・社会インフラ・農業などのIoTシステム構築にかかる工数を大幅に削減し、急速に普及が進む製造業IoT化・スマートシティ化に大きく貢献するという。

OKIのIoTセンサー・デバイス パートナープログラム参加とともに、OKIの提供する920MHz無線ユニット(親機、子機)をOpenBlocks IoTの標準対応デバイスとしてサポート。これによりOpenBlocks IoTはOKIの920MHz無線ユニットの対応製品「SmartHop採用機器」からプログラミングレスでデータ収集かつクラウドサービスとのデータ連携が実現する。

マルチホップネットワークのシステム適用例は以下の通り。

  • 電力・ガス・水 見える化ネットワークシステム
    工場の広い敷地に点在するセンサーを配線工事不要の920MHz帯無線で一元監視し、作業員の巡回点検の手間を削減。また、配線不要のためレイアウト変更やセンサーの増設にも容易に対応できる。
  • IT農業システム
    生産量に影響する農場内の環境データを920MHz帯のネットワークで収集し、LTE/3G通信に集約することで通信ランニングコストを削減。また、920MHz帯無線+電池駆動対応の環境センサーで、電源の無い場所にも設置が可能。
  • 倉庫・病院における温度管理システム
    配線工事が簡単にできない環境下でも手軽に導入設置可能。従来の無線(429Mhzや2.4GHz等)で問題となりやすい電波干渉等の課題を解決する。測定箇所の温度範囲、及び測定精度に応じてセンサーを選択し、柔軟にシステム構築できる。
Previous

スマートプロダクトは、スタートアップから生まれるモノなのか

Arm、自動運転対応プロセッサ「Arm Cortex-A65AE」発表

Next