イーソニック、「指向性超音波ビーコン」による屋内測位ソリューションを提供開始

株式会社イーソニックは、超音波を利用した高精度の「指向性超音波ビーコン」とアプリ開発をセットにした屋内測位ソリューションの提供を2019年1月中旬から開始すると発表した。

「指向性超音波ビーコン」は、従来のWi-FiやBluetoothを使ったビーコンに比べて、指向性のある超音波を使用することで誤差1メートル以内(社内計測)を実現している。また「指向性超音波ビーコン」は、通常のマイクでは取得できない高周波の超音波を出力しているが、変調をかけることで通常のスマートフォン(一部の機種を除く)のマイクでの取得が可能だという。

地下鉄や空港など交通機関のナビゲーション、ショッピングセンターや地下街のナビゲーションなどの屋内位置情報サービスや、大型地下駐車場での駐車位置の記録・案内、倉庫内での商品ピッキング補助などにも利用できる。

イーソニック、「指向性超音波ビーコン」による屋内測位ソリューションを提供開始

アプリを自社開発する顧客向けに「指向性超音波ビーコン」の個別販売も可能だという(最小購入台数あり)。

【関連リンク】
イーソニック(e-Sonic)

Previous

Arm、自動運転対応プロセッサ「Arm Cortex-A65AE」発表

クロスロケーションズ、AI活用で商圏分析や買い回り分析を高速に視覚化する新機能を提供開始

Next