アイシン・デンソー等4社、自動運転の普及に向けた統合制御ソフトウェア開発の合弁会社を設立

アイシン精機株式会社(以下、アイシン)、株式会社アドヴィックス、株式会社ジェイテクトおよび、株式会社デンソーは、自動運転・車両運動制御等のための統合制御ソフトウェアを開発する合弁会社設立に正式合意した。

新会社の社名は「株式会社 J-QuAD DYNAMICS(ジェイクワッド ダイナミクス)」で、2019年4月に設立予定。出資比率は、デンソー65%、アイシン 25%、アドヴィックス 5%、ジェイテクト 5%。開発拠点は、東京都中央区と愛知県刈谷市になるという。

自動運転の実現には、クルマの「走る・曲がる・止まる」に関わるセンサーやステアリング、ブレーキを、より高度に連携させるための車両統合制御システムが必要になる。今回の合弁会社では、出資4社からの委託を受けて、国内外の自動車メーカー向けに、車両統合制御システム開発を加速するためのソフトウェア開発、エンジニアリングサービスを行うという。

4社が持つ自動運転・車両運動制御等の技術知見を結集することで、ソフトウェアの開発を効率化し、自動車メーカーのニーズに合わせた開発を行うことで、より付加価値の高い車両統合制御システムを実現するという。

【関連リンク】
アイシン精機(AISIN)
アドヴィックス(ADVICS)
ジェイテクト(JTEKT)

Previous

神戸デジタル・ラボ、金沢マラソンでSigfox通信を使用したIoT機器とランナー救護支援システムの検証

「協創」でつくるIoTビジネス、第3回IoTパートナーコミュニティ レポート3 ―ウェアラブル活用・オフィスIoT・災害対策

Next