SPJ、AI活用のCRM・コールセンターログのデータ・クレンジング・システムを開発

企業:

コールセンター・ログやCRMログ等には、不要なデータも多数含まれている事が多く、ログを蓄積していても、そのままでは分析に使えないケースがある。

そこで、株式会社SPJは、SPJのビッグデータ解析、自然言語処理といったAI技術を活用した、CRMログ、コールセンター・ログのデータクレンジングシステムを開発した。

同システムは、CRMのログ(電話、メール、チャット等による顧客との送受信記録)やコンタクトセンターのコールログ等の、整形されていない情報をインプットとして、ユーザーからの質問・問い合わせにあたる文章を自動抽出する。

また、その抽出された質問文の重要度を独自のアルゴリズムで自動判定し、ユーザーに有用な質問・問い合わせのみをフィルタリングすることが可能だ。チャットボットのナレッジベースに無かった回答の自動生成による学習の効率化やデータ分析に利用できる。

【関連リンク】
SPJ

Previous

いつ、誰に、どのような商品が売れるのかを解析・予測するコールセンターに特化したAIデータ分析サービス、導入社数22社に

IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」 ーCES2019レポート③

Next