DJI、5.5インチ内蔵ディスプレイ搭載スマート送信機を発表

DJIは、DJIドローン用の送信機の新製品を発表した。

5.5インチディスプレイが内蔵されたスマート送信機は、通常のスマートフォンの2倍の輝度である1000 cd/m2の超高輝度ディスプレイが搭載され、直射日光の下でも最適な視認性を実現しており、DJIのOcuSync 2.0動画伝送システムを使用するMavic 2 ZoomやMavic 2 Pro(※1)などのDJIの最新ドローンと組み合わせることでフルHD解像度で表示することができる。

スマート送信機の電源を入れるとすぐにドローンと接続するため、モバイル端末に接続することなく素早く飛行させることができる。

また、カスタマイズが可能なAndroidダッシュボードは、DJI GO 4とDJI Pilot(※2)に対応し、編集プログラムなどのサードパーティ製アプリにも対応。DJI GO 4アプリには、ドローンカメラの映像をFacebookやInstagramなどのSNSにライブ配信できるSkyTalkを含む新機能も搭載されている。

さらに、もう一つの新機能であるDJI GO Shareは、送信機からモバイル端末へ簡単に映像を転送することが可能だ。

DJIスマート送信機の販売価格は、83,700円(税込)だ。

※1 DJI Mavic 2 Enterpriseシリーズは、今後の更新で対応予定。
※2 DJI Pilotアプリは今後の更新で対応予定。

【関連リンク】
DJIスマート送信機

Previous

経産省と国交省、新東名高速道路で後続車無人システム活用したトラック隊列走行の公道実証を発表

ティアフォー、低速自動運転車向け量産型システムユニット「AIパイロット」提供開始

Next