ザイリンクスとZF、AIイノベーション・自動運転開発を共同で実現

ザイリンクス社と、ZF Friedrichshafen AG(以下、ZF)社は、新たな戦略的提携を発表した。この提携で、ザイリンクスのテクノロジが活用されZFの先進人工知能(AI)ベースの自動車制御ユニット「ZF ProAI」による自動運転アプリケーションを実現した。

ZFは、ザイリンクスのZynq UltraScale+ MPSoCプラットフォームを使用し、リアルタイムのデータ集計、プリプロセス、配信を処理し、また、ZFの新しいAIベース電子制御ユニットでのAI処理に演算アクセラレーションを提供。

ZFがザイリンクスのアダプティブ インテリジェント プラットフォームを採用した理由は、ZF ProAIプラットフォームを顧客固有の要件に合わせてカスタマイズするために欠かせない、処理能力のスケーラビリティと柔軟性を備えているためだという。

【関連リンク】
ザイリンクス(Xilinx)
ゼット・エフ(ZF)

Previous

Shiftallの初出展は、「DrinkShift」 ーCES2019レポート⑪

アプトポッド、CASE時代の車両・サービス開発支援の新製品とAI開発のための機械学習ワークフローをリリース

Next