日立、YAMAGATA・KTCと共同で鉄道車両向けAR技術活用のボルト締結作業管理システムを開発

鉄道車両製造では、機器類を固定するボルトが走行中緩むことがないよう、確実にボルトを締める必要がある。株式会社日立製作所(以下、日立)では、デジタルトルクレンチシステム(※)を使用し、自動で締結力を判定してその結果を記録していた。具体的には、作業者がタブレットPC上に表示されたボルトを選択後、連動するデジタルトルクレンチによって締結作業をすることで、自動的に締結結果の照合と合否判定、データベースへの登録を行っていた。

この方法では、作業者はタブレットPC上で作業対象のボルトを選択、指定する必要があり、タブレットPC上で指定したボルトと実際に締結したボルトが一致しているかの確認は、作業ごとに作業者と検査員などが人手による複数回の安全性、品質確認を行う必要があった。

今回、日立は、YAMAGATA株式会社、京都機械工具株式会社(以下、KTC)とともに、AR技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発した。ヘッドマウント型スマート端末を利用したAR技術を導入することで、締結作業全体のデジタル処理による自動での合否判定を実現。

ヘッドマウント型スマート端末のディスプレイには締結すべきボルト上にボルトの3Dモデルが表示され、事前に入力した3Dモデルに付随する設計データを元に作業者を誘導。スマート端末に付属するカメラは締結作業を常時監視し、デジタルトルクレンチとの連携により、指定のボルトが規定の力で締められたかを自動判定する。

これにより作業者は、従来のようにタブレットPC上で指定したボルトと実際に締結したボルトが一致していることの確認に手間取ることなく、ヘッドマウント型スマート端末のディスプレイを通した視界上で効率的に作業を実施することができる。

今後、日立は鉄道車両製造で、今回開発したボルト締結作業管理システムの現場実証を重ね、2019年度下期の実運用を目指す。

※デジタルトルクレンチシステム:デジタル式トルクレンチとタブレットPCにより締結力の判定と記録を自動で行うシステム

【関連リンク】
YAMAGATA
京都機械工具(KTC)

Previous

ダッソー・システムズの消費者調査、2030年には移動はハイパーループ、家にはロボットと予想

国土交通省、ドローン物流の検証実験を埼玉県秩父市で実施

Next