NEC通信システム、製造現場の資材位置を管理する「マーカー測位技術」開発

製造業の工場等の現場では、多数の資材・仕掛品・完成品が、屋内外の広大な敷地に保管され、目的の物を探す作業に膨大な時間を要している。また、資材等の位置を管理する従来のシステムでは、屋内ではビーコン方式、屋外ではGPSの電波を用いた方式を用いることが多く、10m程度の誤差が発生し、正確な位置管理ができていなかった。屋内で設置するビーコン装置は、多数配置する必要があり、電池交換等メンテナンスに手間がかかるという問題があった。

この問題を解決するため、日本電気通信システム株式会社(以下、NEC通信システム)は、製造業等の工場内の資材・仕掛品・完成品の保管位置を高精度に測位する「マーカー測位技術」を開発した。

同技術は、拡張現実(AR)で用いられるカメラ位置や姿勢(角度)を推定する技術を応用し、壁面や柱、資材等に取り付けた複数のマーカーをカメラで撮影して、カメラ位置および資材位置の測位を行い、資材の保管地点を記録する。これにより、屋内外の資材等の保管位置を1m以内の精度(※)で把握することができる。

資材を探す時間を削減するだけでなく、資材の運搬や入出庫までを自動で管理することで不明在庫の発生を防止。また、紙状媒体に印刷したマーカーを使用するため、ビーコン等の特殊な装置が不要で、電池交換等のメンテナンスも不要になる。風雨に耐えられる媒体のマーカーを使用することで、屋外でも位置の推定が可能になり、屋内外の資材管理を一元的に行うことができる。

※マーカーサイズ28cm×28cm、マーカーとカメラ間の距離10m以内の場合(社内での検証結果)。カメラ性能やマーカーサイズ、設置環境によって精度は変わる。

【関連リンク】
NEC通信システム(NCOS)

Previous

国土交通省、ドローン物流の検証実験を埼玉県秩父市で実施

TOTOの公共トイレの見える化 ーCES2019レポート12

Next