IoT人気記事ランキング|トヨタの動運転技術 CES2019レポートなど[1/7-1/13]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」 ーCES2019レポート①

ラスベガスで明日から開催されるCES2019を前に、いくつかの企業がプレス向けのカンファレンスを開催している。今年のCESレポートの第一弾は、その中でもトヨタが実現する自動運転の世界について伝える。
→詳細はこちら

2位 ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」 ーCES2019レポート④

ラスベガスで開催されているCES2019レポートの第三弾はベライゾンのキーノートだ。
→詳細はこちら

3位 IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」 ーCES2019レポート③

ラスベガスで行われているCES2019。
昨晩のLGのプレショーキーノートが前夜祭的な位置づけだとしたら、このオープニングキーノートはまさにCES2019の開会式を兼ねた場となる。そのオープニングキーノートに登壇したIBM。IBMはCES2016で初めてキーノートに登壇して以来2回目のキーノートになる。
→詳細はこちら

4位 2019年のIoTは「エッジインテリジェンス」がカギになる ―八子知礼×小泉耕二【第13回】

2019年1回目となる八子と小泉の放談企画。昨年は「(業界別)プラットフォーム元年」というテーマを軸に、業界別の課題と近未来の予測について全方位から語ってきた。今年は分野ごとにゲストを呼んで議論するなど、テーマの「深掘り」を進めていく。本稿ではまず、2019年のIoT/AI分野のトレンドについて八子と小泉が話し合った。キーワードは「エッジインテリジェンス」だ。
→詳細はこちら

5位 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること ーCES2019レポート⑦

ラスベガスで開催されているCES2019のレポート第7弾では、「モビリティ」をテーマに展示を紹介する。
→詳細はこちら

6位 Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今 ーCES2019レポート⑨

5Gが既に始まっているアメリカでは、今年数台の5G対応スマートフォンが発売される。
→詳細はこちら

7位 LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」 ーCES2019レポート②

ラスベガスで明日から開催されるCES2019のプレショーキーノートは、韓国のLGが担当した。
→詳細はこちら

8位 ウフルとNECがIoT領域で協業、IoTデバイスのセキュアな運用管理・データ活用型の新事業創出を支援

使用機器のIoT化を進める企業が増加している。使用機器から取得したデータの活用による業務効率化、省エネ・省人化促進、コストダウンを実現するためだ。IoT化により、データ収集や可視化、AIによる高度で多角的な分析といったデータ活用が可能となる一方で、サイバー攻撃の標的となるリスクが生じ、こうした脅威からIoTデバイス及びデータを保護し、セキュアに運用・管理する仕組みが重要視されている。
→詳細はこちら

9位 IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる ーCES2019レポート⑩

ラスベガスで開催されているCES2019。モビリティに関わる展示について、レポート⑧と⑨で既に一部の企業の例を紹介した(※)。本稿では、ボッシュのブースの内容について紹介する。
→詳細はこちら

10位 パナソニック、従来比2倍以上の出力と小型化を実現した小型EV向けプラットフォームを開発

EVの急速な需要拡大が見込まれている中、各地域の様々な用途に合わせた多彩なモビリティの登場が期待されている。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

SAMSUNG、LGのスマートホーム ーCES2019レポート16

Arm、顧客データと実店舗のIoTデータを統合管理する小売業向けの「Arm Retail」ソリューションを発表

Next